家賃をクレジット払いにするメリットデメリット 賢くポイントをためる

家賃をクレジット払いにするメリット

 

クレジットカードで公共料金や電話代を支払うだけでなく、家賃の支払いも最近はできるようになりました。家賃をクレジットカードで支払う仕組みはまだ管理会社の一部でしか採用されていませんが、今後の拡大が期待できます。

 

どんなメリットが、クレジットカードの家賃払いにはあるものなのでしょうか。最近のクレジットカードには、多くの場合ポイント付与サービスがついています。ポイントの入り方は、クレジットカードの使い方に対応しています。

 

溜まったポイントは景品や旅行券になったり、図書券などのサービスを使えるようになるというものです。クレジットカードのポイントを効率よく貯めるには、毎月確実に支払わなければならないものをカードからの自動引き落としにしておくことです。普通に暮らしているだけで月々のカード払いが発生し、カードを使って払うことでポイントが入ります。

 

ポイントを蓄積するために、わざわざ買い物をたくさんしなくても、ガス代や水道代であればポイントの方から勝手に溜まっていっているようなものです。ふと気がつくとポイントが溜まっているのも嬉しいところです。

 

家賃は、1ヵ月の支出の中では公共料金より大きな金額になることが多いので、ポイントの入り方がより効率的になることが期待できます。クレジットカードのポイントが溜まりやすくなり、家賃の支払いもより簡単になって、一石二鳥のシステムです。

 

 

家賃をクレジットカードで支払う時の注意点

 

クレジットカードで家賃を払うことができれば、払い忘れもなくなりポイントも溜まって嬉しいことづくめです。家賃をクレジットカードの自動引き落としにしたい時に、気をつけたいことは何でしょう。

 

今はまだ、マンションの管理会社のやり方などによって、クレジットカードを使えるかどうかは異なります。クレジットカードを利用する場合、店舗側はクレジットカード会社と提携を結びます。

 

手数料を払うことで、クレジットカード会社は店舗と提携します。どうすれば、クレジットカードを用いて家賃の支払いができるようになるでしょう。アパートの管理会社や大家さん側がクレジットカード会社に手数料を支払わなければならなくなるのです。

 

家賃のクレジットカード払いに対応しているところはまだまだ多くはありません。最近では、水道代やガス代など、様々な費用がクレジットカードで払えるようになっています。家賃のクレジットカード払いも遠からず利便性が上がるのではないかと考えられています。

 

家賃に、クレジットカードの手数料をプラスした金額が、クレジットカード払いの時には必要になるという会社もあるようです。自社が発行しているクレジットカードでならば、家賃の支払いができるようになっているという会社もあるといいます。

 

家賃をクレジットカードで支払える会社

クレジットカードで家賃の支払いができる会社は、どんなところがあるでしょう。大手管理会社のアパマンショップは決済代行業社のハピーズと提携してカード払いを可能にしています。

 

こうすることによって、大家側が支払わなければならないクレジットカードの手数料をなくしているのです。積和不動産や大東建託も家賃のクレジットカード払いを可能にしている会社です。

 

家賃に手数料を加えた金額を、クレジットカードで支払うことになります。保証人がいない状況でも、クレジットカードで家賃を払い込むことにすることで、契約ができるところもあります。

 

部屋探しをする時には、クレジットカードによる支払いの内容についても調べてみることをおすすめします。クレジットカードを持っているということは、一定の信用力があることの証明になるため、入居しやすくなるというわけです。

 

未だ、全ての賃貸がクレジットカード払いができるという状況ではありません。もしも家賃をクレジットカード払いにしたいのであれば、アパート探しをする段階で家賃の支払い方法を確認する必要があるでしょう。

 

今のところ、大きな会社が扱っている住居に、クレジットカードが使いやすいようです。クレジットカードで家賃を払いたい場合、そう頼んでみると対応してもらえたりします。