セブンイレブンのクレジットカードでお金借りれる?

セブンイレブンのクレジットカード

 

クレジットカードの使用は、各コンビニで可能となっているようです。クレジットカードでの支払いが、セブンイレブンは2010年まで不可能だったようです。セブンイレブン専用の電子マネーカードであるnanacoがカード決済手段として存在していました。nanacoカードが使えるのは、セブンイレブンだけです。

 

ポイントを効果的に貯めることは、コンビニといえばセブンイレブンのみという人でなければなかなかできませんでした。JCBカードとアイワイカードで、セブンイレブンでも2010年6月から決済ができるようになりました。ほかの国際ブランドのクレジットカードも、さらに利用できるようになったのが2010年9月です。

 

サインの必要が支払金額が1万円以下であればないので、支払いを素早くすることができるでしょう。クレジットカード会社が付与するポイントについては、1ヶ月の合計金額に対してポイントがつくものにしておくと良いでしょう。クレジットカードで、おにぎりやドリンクといったコンビニでの少しの買い物をしても、ポイントをわずかでも貯めることができるといいます。

 

コンビニでは、公共料金の支払いや切手、葉書、年賀状、テレホンカードなどの金券に相当するものはカードを使用することはできません。ちょっとしたコンビニでの買い物に利用できるクレジットカードにはさまざまなメリットがあるいえるでしょう。

 

 

税金をクレジットカードで納めるメリット

 

税金の支払いをクレジットカードで行えるという自治体は、年々多くなっています。どういった魅力が、クレジットカードで税金を納付することにあるものでしょう。窓口まで払い込みに行かなくてもいいことが、クレジットカードを使うメリットです。

 

納付しなければならない銀行があるたびに銀行まで行かなくても良いので忙しい人でも安心です。納付をうっかり忘れてしまうという心配もありません。クレジットカードの清算日は決まっており、支払いをしたその日にお金が引き落とされるわけではないので、口座残高が少なくても税金の支払いをすることができます。

 

クレジットカード払いにしておくことで、お金をやり繰りして締切前に税金を納付することができるのです。

 

支払日の次か、次の清算日がクレジットカードの引き落とし日になりますので、5月の自動車税を実質的に6月〜7月に延ばせます。税金の納付そのものは納税日に納められるので、問題ありません。リボ払いに設定したクレジットカードを使っている場合、カード払いの請求金額は納税額が多くとも一定です。

 

クレジットカードで税金を支払うメリットは他にもあります。税金を納めた金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まることです。

 

年間にすると税金はかなりの金額になるのでポイントがたくさんたまるでしょう。クレジットカードの利用額は毎月送られてくるので家計簿チェックにも便利です。クレジットカードで税金を支払うことには色々な利点がありますので、積極的に利用してみてください。

 

税金のクレジットカード払いの注意点

税金の支払いをクレジットカードで行えるという自治体は、年々多くなっています。どういった魅力が、クレジットカードで税金を納付することにあるものでしょう。窓口まで払い込みに行かなくてもいいことが、クレジットカードを使うメリットです。納付しなければならない銀行があるたびに銀行まで行かなくても良いので忙しい人でも安心です。

 

納付をうっかり忘れてしまうという心配もありません。クレジットカードの清算日は決まっており、支払いをしたその日にお金が引き落とされるわけではないので、口座残高が少なくても税金の支払いをすることができます。クレジットカード払いにしておくことで、お金をやり繰りして締切前に税金を納付することができるのです。

 

支払日の次か、次の清算日がクレジットカードの引き落とし日になりますので、5月の自動車税を実質的に6月〜7月に延ばせます。税金の納付そのものは納税日に納められるので、問題ありません。リボ払いに設定したクレジットカードを使っている場合、カード払いの請求金額は納税額が多くとも一定です。

 

クレジットカードで税金を支払うメリットは他にもあります。税金を納めた金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まることです。年間にすると税金はかなりの金額になるのでポイントがたくさんたまるでしょう。クレジットカードの利用額は毎月送られてくるので家計簿チェックにも便利です。クレジットカードで税金を支払うことには色々な利点がありますので、積極的に利用してみてください。

 

 

税金をクレジットカードで支払う方法

どんな手続きをすれば、クレジットカードを現金で払えるでしょう。通帳からの引き落としや、窓口での現金払いで税金や公共料金を支払う人がいます。税金の納付方法で、nanacoカードとクレジットカードの仕組みを利用するというやり方が存在しています。

 

もしも、税金の払い込み票にバーコードがついておりコンビニで使えるものなら、nanacoカードで払うことができます。ただ税金の支払いに関してnanacoポイントはつきません。現金チャージをする方法ではまったく意味がありません。クレジットカード払いで得をするためにはクレジットカードからnanacoカードにチャージをするのがおすすめです。nanacoカードにチャージをするとポイントが入るタイプのクレジットカードかどうかは、あらかじめ調べておく必要があります。

 

最寄りのセブンイレブンへ足を運び、nanacoカードを作ってから幾つかの準備をすることになります。おサイフケータイがある人は、nanacoモバイルに登録するといいでしょう。nanacoカードにクレジットカードからチャージを行う場合、ちゃんとポイントが入るものかは確認してください。

 

よく調べてから利用するようにしましょう。クレジットカードでnanacoカードのチャージをするためには事前登録をしなければなりません。1回のチャージ金額には限度額もあります。

 

固定資産などの大きな金額の税金は1回払いでは支払いきれない場合がありますので、1期ごとに4回に分けて支払うなどの工夫が必要です。クレジットカードとnanacoカードの特性を理解した上で両者の特性を組み合わせれば、簡単にポイントを貯めることができます。

 

クレジットカードの申込みと選び方

 

クレジットカードの申込をする前に、選び方について説明しましょう。クレジットカードには銀行系、信販系、デパートやスーパーなどが発行している流通系のカード等があります。

 

各企業がクレジットカード会社と提携して作っているメーカー系、各航空会社や鉄道会社などが発行している交通機関系のクレジットカードもあり、実にさまざまな種類のものがあります。

 

例えばデパートで生活用品のほとんどを購入する場合は流通系のカードがお得です。決まった交通機関を使っている人は、その交通機関でのクレジットカードがいいでしょう。基本的には、日頃からどんなことにお金を払っているかを考えて、利用率が高いところからクレジットカードを作ります。人によっては、カード会社の窓口に行って申込用紙に記入することに抵抗がある人もいるでしょう。

 

クレジットカードには、オンラインで申込めるものも多くあり、自宅で簡単に手続きができるようになっています。クレジットカードの中には、デパートでそのカードを使うと商品の購入代金が割引されたり、ポイントが付く場合があります。

 

ガソリン会社と提携しているカードの場合は、ガソリンが特別価格になったり、各種優待機能が付帯しているカードもあります。せっかくクレジットカードの申込みをしても、優待機能や割引サービスを使いこなすことができなければ、もったいない話であるといえるでしょう。

 

クレジットカードの申込みをする時には、これまでの自分がどこにお金を使っているかを考えて、利用頻度の高そうな分野でのクレジットカードを発行してもらうことです。

 

クレジットカードの現金化は低金利か

キャッシングをするのであればできるだけ低金利のものを利用したいものですが、クレジットカードのキャッシングが低金利だといいます。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

 

キャッシング枠には限度があるので急にお金が必要になったときにもし限度額を超えていたら困ってしまいます。クレジットカードのショッピング枠でキャッシングできる方法があります。クレジットカードの現金化と言われる行為ですが、多くのクレジットカードは、この使い方は認めてはいません。クレジットカードを利用して、商品を購入するという手続きをします。

 

好きな商品を買うのではなく、キャッシング会社側が指定してきた商品を買うわけです。自分の口座にはのちのちクレジットカードでショッピングした分の代金が振り込まれます。会社によって異なりますが、買った品物を売ってお金を受け取ったり、購入した商品の代金の何割かが振り込まれることがあります。クレジットカードで購入した商品と引き換えにキャッシングできるというわけです。

 

クレジットカードを現金化することは、果たしてお得なのでしょうか。低金利で現金が即座に入り、キャッシュバック率も高いということもあります。低金利で融資を受けることができる仕組みのようにも感じられますが、実際のところクレジットカードの現金化は金利が高めです。

マイレージ提携クレジットカードを活用してマイルを貯める方法

 

マイレージプログラムのあるクレジットカードがありますが、よほどしょっちゅう飛行機を使っていないと、マイルはたまりません。格安価格で飛行機に乗りたい、アップグレード特典を利用したいと思っていても、マイルポイントが足りなければ使えません。

 

何をするとマイルが多く入るかを理解した上でクレジットカードを使わなければ、マイレージサービスを活用することができません。クレジットカードから、ポイントを移動させることができますので、それでマイルを貯めると効率がアップします。

 

クレジットカード決済を日常的にしていると、段々とポイントが蓄積されます。このポイントを、マイルに返還してマイルを貯めます。マイルを手軽にためるには、クレジットカードのポイントをマイルにして、それを割引サービスに使います。

 

クレジットカードを使って買い物をすると、マイルがたまるというカードもあります。航空マイレージというクレジットカード類です。事前にポイントをマイルに変える手続きをしておくとボーナスが加算されたり、手数料が安くなったりというメリットがつくこともあります。

 

ポイントと、マイルとの関係がどうなっているかはクレジットカードによって差がありますのて、事前に調べてみてください。ANAや、JALの扱っているマイレージプログラムは、マイルの貯まり具合や、貯まったマイルの使い道に利便性があります。

 

クレジットカードを選ぶ時には、日頃自分が使っているクレジットカードの使い方と相性のいいサービスを見つけることです。効率的にマイルを貯めたい時には、マイレージプログラムの使い方を把握してから、自分にとって使いやすそうなものはどれかを調べることです。

 

 

クレジットカードで貯めたマイルの有効期限をチェック

 

様々なクレジットカードが発行されていますが、どの金融機関のカードがいいかは人によって違います。日々の買い物をより快適なものにしてくれるようなクレジットカードを持っていたいと思う人は多いようです。クレジットカードの付帯特典は色々で、年会費無料だったり、ポイント特典があったり、旅行時傷害保険の機能があるカードなどかあります。

 

クレジットカードに対して何を求めているのか、何を重視して選ぶかは、人によって違うものです。例えば、飛行機の移動の機会が多い人の場合、クレジットカードで飛行機チケットを買うとマイルがつくマイレージプログラムをよく使います。JALや、ANAのクレジットカードは、マイルと連動していることが強みです。

 

人によって好む航空会社は違っていますので、ANAとJALのどちらがいいかは一概には言えませんが、いずれにしても貯めたマイルが失効しないように、期限を確認しておく必要があるでしょう。マイルを貯めたまま忘れてしまうと、3年で効果が失われてしまいますので、せっかくのマイルをムダにしないようにしましょう。

 

万が一にも、マイルを使い切れない状況が起きてしまったら、特典航空券にするといいでしょう。特典航空券であれば、後から搭乗日や搭乗時間を変更することができるので、お勧めの活用方法です。ANAでも、JALでも、特典航空券の期限は国際線1年、国内線90日はありますので、その間に使うようにすれば、マイルはムダにはなりません。今後、マイルを消費して何かをする予定があるのかをよく考えて、貯まったマイルが消えてしまう前に、お得な使い方ができないかを、期限を確認しながら検討してみてください。

 

 

クレジットカードで貯めたマイルの使い方

ポイント特典のつくクレジットカードは多いですが、ポイントではなく、カードの利用額に応じてマイルが貯まるカードがあります。航空会社と提携しているクレジットカードではマイルが貯まりやすくなっていますが、この貯めたマイルの使い方はどうすれば良いのでしょうか。

 

マイルがたくさんついているクレジットカードは、どう使えば、お得になるものでしょうか。マイルを何に使えば、一番お得になるのは、クレジットカードを所有している人によって随分と変わってきます。航空チケットを購入することが多い人の場合、クレジットカードでたまったマイルは特典航空券にすることがおすすめです。航空チケットと交換する以外に、電子マネーや、カタログ商品と交換することが可能です。

 

マイルを商品や、特典航空券に交換する方法は難しいことはありません。インターネットのクレジットカード会社のサイトから申し込めます。ANAとJALなど航空会社のマイレージプログラムと提携しているクレジットカードの多くは、貯めたマイルをそのまま提携ショップのポイントとして使えるようになっています。例えば、ANAのクレジットカードは、TSUTAYA、楽天、iTunesなどと提携しており、ポイントを使うことができます。

 

JALのマイレージプログラムを提携しているのは、ローソンやJRのほかにもドコモなどがあります。今まで気づかなかった身近なところに、クレジットカードのポイントが貯めやすかったり、使いやすかったりするポイントが存在します。その気になれば、マイルを使うチャンスは数多く存在していますので、クレジットカードのポイントをできるだけ貯めたいものです。