AUウォレットでクレカお金借りる プリペイドカードでチャージすればお金借りられる?

AUウォレットで今すぐお金借りる 即日1万円必要 じぶん銀行でキャッシングできる?在籍確認は

 

AUウォレットでクレカお金借りる プリペイドカードでチャージすればお金借りられる?

 

1.大手金融会社を選ぶ

 

 

 

2.オペレーターが柔軟な金融会社を選ぶ

 

 

 

3.対応がいい金融会社を選ぶ

 

 

 

病院代払えないときなど、緊急自体でお金が足りないことありますよね。

 

そんな時は、大手消費者金融の即日融資もいいですが、

 

AUユーザーであれば、じぶん銀行カードローンのAUウォレットはすぐにお金が借りれて、金利も安いのでおすすめです。

 

AUユーザーでなくとも、ほかの金融会社と比べて金利が安いのでお得にお金を借りられます。

 

 

 

じぶん銀行カードローン

 

1.銀行ならではの低金利

 

2.返済額は1000円から

 

じぶん銀行は金利が安いのが最大の魅力で、エーユーユーザーへの金利優遇があるのがメリット^^。

 

・金利2.2%〜17.5%
・誰でもコース  2.1%〜17.4% ※auユーザー限定!!
・借り換えコース 1.7%〜12.5%

 

限度額 最大800万円なので、使い勝手いいですね

 

じぶん銀行カードローン以外で当サイトおすすめ消費者金融

 

 

・プロミスならオペレーターに相談で勤務先連絡なしで審査
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス実質年率 4.5%−17.8%
・アドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能

 

プロミス

 

 

 

 

 

・SMBCモビット金利3.0−18.0%
・SMBCモビットWEB完結で書類なし、職場電話なし
・10秒簡易審査
・来店不要即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビット

 

 

 

・アイフルの金利 4.5%−18.0%
・借り入れは1000円から
・最高限度額500万円
・最短30分審査完了
・来店不要、即日融資可能で審査
・手続きはネットですべて完結で便利
・提携銀行 セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、E−net、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行

 

 

 

auwalletプリペイドcardでチャージすればお金借りられる? 即日お金が必要

AUウォレットでクレカお金借りる プリペイドカードでチャージすればお金借りられる?

auwalletプリペイドcardでは残念ながらお金を借りられません。

 

ATMから現金を引き出す機能や、キャッシングでお金を借りる機能などはついていないからです。

 

もしもATMから現金を引き出すことができるなら、お金を借りられる方法があります。

 

例えば、携帯決済でauwalletプリペイドcardに10万円分をチャージします。

 

もしも10万円分の残高をATMから引き出すことができるならお金を借りるのとほぼ同じ効果があります。

 

しかし残念ながらプリペイドカードに一度チャージをしてしまうと現金には戻せません。

 

チャージ残高はお金と同じように使うことができますが、現金に戻すことはできないのです。

 

電子マネーを購入したときと同じで、不可逆ということです。その点には十分に注意をしてチャージをしましょう。

 

このため、

 

「クレジットカードの支払いがあるのでどうしても現金が必要だ」

 

「水道光熱費の支払いがあるけど銀行口座の残高が足りない」

 

「飲み会に誘われたのですぐに5千円が必要」

 

といった緊急にお金が必要なケースではauwalletプリペイドcardは使えません。

 

このようなケースではキャッシングを利用して現金を手に入れる必要があるでしょう。

 

現金でなければならないというケースでは使えません。

 

例外的に、3番目の飲み会に誘われたというケースでは飲み会が行われるお店がカード決済に対応していたらカードで支払いが可能かもしれません。

 

基本的には飲み会の幹事が参加者から現金を集めますが、相談をして自分の分だけ別会計にしてもらってカードで支払いをすればすみます。

 

つまりは、現金を手に入れることには使えないが、買い物や飲食、サービスの利用などには利用ができるということです。

 

「今月分の食費が2万円足りない」というケースなどでは、キャッシングでお金を借りなくてもauwalletプリペイドcardがあればなんとかなります。

 

携帯決済で2万円分をチャージして、その月は現金は使わないようにしてコンビニやスーパーでカードを使って食材を手に入れればよいのです。

 

携帯決済で支払った2万円は翌月の携帯料金と一緒に請求されます。

 

キャッシングとは違って利息はありません。

 

基本的には現金を手に入れることはできないのですが、裏技的な方法もあります。

 

それは、クレジットカード現金化業者を利用するという方法です。

 

業者によって現金化の方法は異なりますが、指定されたお店で買い物をするように指示されることが多いようです。

 

最近では電子書籍のようにインターネットコンテンツの支払いを支持されることが多いでしょう。

 

例えば、指定されたお店で電子書籍を購入します。電子書籍なので送料はかからず、すぐにダウンロードが可能です。

 

指定されたお店とクレジットカード現金化業者はつながっているというケースが多いでしょう。

 

購入をしたという証拠を提出すると比較的すぐに銀行口座に現金が振り込まれます。

 

現在では24時間いつでも瞬時に振込みが反映されるサービスがあります。

 

ネット銀行やゆうちょ銀行に口座を持っていることが条件ですが、土日や祝日でもすぐに現金を手に入れることができるでしょう。

 

しかし、クレジットカード現金化業者を利用すると高い手数料をとられます。相場としては10%〜25%程度です。

 

10万円を現金化したら手数料として1万円〜2万5千円くらいが引かれるということです。これならキャッシングを利用したほうがはるかに得でしょう。

 

キャッシングの審査に通らないといった事情がある人にだけおすすめする方法です。

 

auwalletプリペイドcardにチャージをしたお金は現金と同じように買い物やサービスに使うことができます。

 

しかし、電子マネーのようなものであり、現金に戻すことはできないということは覚えておきましょう。

 

ドコモDカードでキャッシングしたい

 

auウォレットの現金引き出し方法 プリペイドの審査は厳しい?お金を借りたい 

 

AUウォレットでクレカお金借りる プリペイドカードでチャージすればお金借りられる?

 

auウォレットというのは、auの携帯電話、スマホを持っている人だけが持つことのできるプリペイド式の電子マネーカードです。

 

クレジットカードのようにマスターカードのブランドロゴが書かれていますが、クレジットカードではありません。

 

ただしマスターカードに加盟しているお店では全くマスターカードのクレジットカードと同じように支払いに使うことができます。

 

このauウォレットですが、まずはカード内にチャージする必要があります。チャージは普通はauかんたん決済を使って行うことになるでしょう。

 

こうすれば支払いはauの携帯電話料金と一緒にすることができますので非常に便利です。

 

ところが問題になるのは、一旦チャージした電子マネーを現金として引き出すことができるのかどうかということでしょう。

 

チャージしたはいいけれども、別にそれで何かの買い物をしたいわけではなく、現金として手にしたいというケースはよくあるものです。

 

一種のキャッシングとも呼べる方法ですが、このような手段は何かあるのでしょうか。

 

これは、一般的にはできないことになっています。

 

電子マネーとしてチャージした残高は、原則として電子マネーとしての決済にしか利用できず、現金として引き出すようなことはできません。

 

少なくとも、ATMを利用して現金をおろすような方法は存在していないのです。

 

ですが、ある方法を使えばauウォレットの残高を現金に引き換えることは可能です。

 

どういう方法かというと、ある意味でクレジットカードの現金化に近いものがあります。

 

簡単に仕組みだけを言うと、まずauウォレットの電子マネーを利用して、何らかの換金性の高い商品を購入します。

 

そして、その商品を誰かに買い取ってもらうことで現金を手にするという方法があるのです。

 

換金性の高い商品としては、それを高額で買い取ってくれる人がいる限りは別に何でも構いません。

 

ですが、一般的には商品券やギフト券のようなものが適当だということになります。

 

しかし、auウォレット側としてもむやみに現金化に利用されるのは望んでいませんから、

 

購入できるような商品券やギフト券は限られており、そこがこの方法の難しいところでもあるのです。

 

しかし、明らかに良い方法が一つあります。それはアマゾンギフト券です。

 

アマゾンギフト券はauウォレットで購入できますし、何よりも、電子的に購入や売却ができるのが優れています。

 

これが、紙のギフト券などであれば、お店までわざわざ買いに行くとか、あるいは郵送で自宅まで送ってもらうなどして入手しなければなりませんし、

 

売却するときにも同様の手続きが必要になり、煩わしいことは間違いありません。

 

アマゾンギフト券の場合は、電子的にやり取りができるので、全ての手続きがインターネット上で完結するという大きなメリットがあるのです。

 

実際、このようにアマゾンギフト券を買い取ってくれるお店はインターネット上で検索すれば簡単に見つけることができます。

 

そのようなお店を利用すればauウォレットでキャッシングすることが可能になるわけです。

 

ちなみに、auウォレットはプリペイドカードであり、審査が厳しいかどうかという話は全く当てはまりません。

 

どういうことかというと、審査などは全くないからです。

 

クレジットカードであれば審査がありますが、プリペイドカードの場合は予め自分でチャージした金額までしか使えませんから、

 

返済能力について審査を行う必要がないのです。auの携帯電話やスマホを持っている人であれば誰でも無審査でauウォレットを持つことができるということです。

 

実際、au利用者のほぼ半数が既にこのauウォレットを持っているという話もあります。

 

auからお金を借りることは可能?AU限定割りとは!?

 

AUウォレットでクレカお金借りる プリペイドカードでチャージすればお金借りられる?

auウォレットクレジットカードをご存知ですか?一度は耳にしたことがあるという方も多くいると思います。

 

クレジットカードと言えばお買い物の支払い以外ではキャッシング・カードローンのイメージがあるけれど、

 

それならばそのカードを使ってauからお金が借りることが出来るのかと疑問に思ったことはないですか?

 

結論から言うと、auウォレットクレジットカードを使ったキャッシング・カードローンでauからお金を借りることは可能です。

 

このauウォレットクレジットカードは、

 

通常の銀行から発行されているクレジットカードと同じような審査があるタイプのクレジットカードで決済ブランドはVISAです。

 

お買い物や携帯支払いなどもこのウォレットクレジットカードで払うことができます。

 

一般的によく聞くauウォレットカードは自ら現金をチャージして利用するプリペイド式のカードなので、このカードを使ってお金を借りることはできません。

 

ですからクレジットカードを利用したい場合には、別途申し込みが必要となりますので注意してください。

 

このauウォレットクレジットカードはauユーザーであれば年会費無料で利用できるクレジットカードのことで、

 

急な出費でお金が必要になったときのためのキャッシングやまとまったお金が必要になったときに使えるカードローンなどがあります。

 

auユーザーであれば、このクレジットカードで支払った分に対するポイントも付与されるためお得です。

 

現在auユーザーでない方でもこのクレジットカードを作ることはできますが、年会費が1250円かかってしまいます。

 

キャッシングの年利は14.95%〜17.95%となっていて、保証人は原則不要です。

 

さらにもう一つ、auウォレットクレジットカードによるキャッシングの他にもじぶん銀行でローンを組みお金を借りるという方法もあります。

 

じぶん銀行とはKDDIと三菱東京UEJ銀行が共同出資して設立されたインターネットバンクのことです。

 

このじぶん銀行では、カードローンの他にも住宅ローンを組むこともできます。

 

もちろん、他キャリアのユーザーの方でも利用可能です。

 

また、じぶん銀行のカードローンにはau限定割というものがあります。

 

これは、auユーザーなら誰でもコースの場合で金利が0.1%、借り換えコースの場合には金利が0.5%通常の金利よりも優遇されるというものです。

 

auユーザーにとってはお得な割引ではありますが、他キャリアのユーザーには適用されないためご注意ください。

 

じぶん銀行のカードローンは借入可能限度額が、au限定割の誰でもコースで10万円以上800万円以内、

 

借り換えコースで100万円以上800万円以内となっていますが、審査があるので必ずしも上限額いっぱいに借り入れできるわけではありません。

 

保証人は原則不要で、au限定割ではない通常の金利は2.2%〜17.5%で変動金利となっています。

 

auユーザーでキャッシング・カードローンを考えている方は、こちらの方が金利が安くなりますのでお得です。

 

このじぶん銀行でのカードローンの場合には、じぶん銀行の口座開設は不要なのも良いところです。

 

以上のようにauからお金を借りることは可能ですが、どちらの方法でも審査がありますから必ず借り入れできるわけではありませんので注意してください。

 

また、借り入れする場合には返済計画に無理のない金額を借り入れし、決してお金を借りすぎないように心がけて利用しましょう。

 

急な出費でお金がかさむときなど、カードローンは便利です。

 

auユーザーならau限定割などといったお得な金利も設定されていますので、そのようなものを上手に利用しながらお金を借りてください。

 

 

auウォレットクレジットカード キャッシングの返済方法をお金借りる前にチェック

 

AUウォレットでクレカお金借りる プリペイドカードでチャージすればお金借りられる?

 

大人気「au」ブランドのクレジットカード「auウォレット」といえば、テレビCMでもお馴染みのサービスです。

 

テレビCMでは主に、「使うほどにポイントが溜まってお得」だという点をアピールしていますが、

 

クレジットカードである以上は他と同様にキャッシングの手段として利用することもできます。

 

クレジットカードはすべて融資枠が付属している可能性がありますが、必ず付属するわけではありません。

 

利用を検討する場合には、事前に付与されているかどうかを確認する必要があります。

 

そもそも付帯していなければ利用したくとも不可能ですから、付帯していることを確認したうえで「いくらまで使えるのか」も一緒に確認した方が良いでしょう。

 

クレジットカードで利用できる金額は人によって違います。

 

たとえば、100万円(合計)まで使える契約内容の人もいれば、20万円までしか使うことができない人もいます。

 

また、その金額も「ショッピングのみ」にしか利用することができない契約の人もいるので、事前の確認が必要不可欠です。

 

自身が所有しているクレジットカードがどのような契約になっているのか、

 

どの程度の金額まで利用可能なのか、手数料(分割手数料や利息)はどうなっているのかなどをしっかりと把握しておかないと、利用してから後悔する結果になり兼ねません。

 

現金を持っていなくとも買い物ができるクレジットカードは非常に便利なものですが、

 

だからといって何も気にせずに使ってしまえば支払いで四苦八苦してしまうこともあります。

 

一応、利用枠があるので一定の範囲で収まるわけですが、その時点で支払い能力を超えてしまっていたのでは意味がありません。

 

少しでもリスクの少ない環境で利用することを目指すことが何よりも重要ですが、

 

それに付随して把握しておかなければいけないポイントが「返済方法と利息(手数料)の関係」です。

 

状況によっては一切考えなくとも良い場合もありますが、通常利用であればほぼ確実に関係する内容です。

 

また、この部分をどれだけ理解できているのかによって負担がまったく変わってしまう可能性があるポイントでもある以上、確実に理解しておくようにしましょう。

 

さて、問題となる支払い方法に関してですが、ここで重要なポイントは「利息または手数料」です。

 

たとえば、クレジットカードを利用して10万円の商品を購入し、支払い回数を10回に指定したとします。

 

10万円の買い物を10回で支払うことになるので、1回当たりの支払い金額は1万円だと考えてしまいそうなところですが、実際にはそうではないことが珍しくありません。

 

たとえば、月々の支払い(元金)金額が1万円だとしても、

 

それに加えて手数料や利息分として数百円〜数千円程度上乗せしなければいけなくなることもあります。

 

実際のどの程度上乗せする必要があるのかはそれぞれの金額を決める割合によって異なり、

 

たとえば「金利10%」であれば1,000円弱の利息を支払うことになります。

 

この割合は状況によって異なりますが、基本となるauウォレットの利息は15%に設定してあるため、約1,500円分の利息を追加で支払う必要があります。

 

また、支払い方法に関しても「リボ払い」と「分割払い」の2種類があるため、これらの違いについてもしっかりと理解しなければいけません。

 

一見するとどちらも「複数回に分けて支払いを行う」という点で同じようにも思えるのですが、実際にはまったく異なる支払い方法だといえます。

 

簡単にいえば、月々の支払い金額を一定にして回数を増やすのか、

 

それとも回数を一定にして月々の支払い金額を増やすのかという違いですが、この辺りもしっかりと理解していないと後で問題になる可能性があります。